個人情報保護に関する契約書

株式会社プランナーエージェント(以下「甲」という)と株式会社○○企画(以下「乙」という)は、甲が乙にDMの作成・発送の業務(以下「本業務」という)を委託するに当たり、甲から乙に開示または提供する個人情報の取り扱いに関し、次のとおり覚書(以下「本覚書」という)を締結する。

第1条(定義)

個人情報とは、甲から乙に開示又は提供もしくは乙が甲のために取得した個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、住所、生年月日その他の記述又は画像もしくは音声により当該個人を識別できるもの(他の情報と容易に照合することによって当該個人を識別することができるものを含む)をいい、その開示または提供の媒体を問わない。

第2条(個人情報の適切な取り扱い)

乙は、本業務の遂行に際して知りえた個人情報(以下総称して「情報」という)を、適法且つ適正に取得・利用するとともに、厳正に管理する。

第3条(情報の権利の帰属)

乙は、前条記載の情報が甲の営業活動(さまざまな事業活動とこれに付随する広告・宣伝・募集活動など一切を含む)で取得された甲の顧客の個人情報を含むことを確認し、当該個人情報を取得・利用・管理する権原は原則的に甲に帰属することを確認する。

第4条(顧客情報の取得)

乙は、甲のために顧客の個人情報を取得するにあたっては、顧客に対し利用目的を書面により明示するとともに、適切な説明を行ったうえで顧客の同意を得る。

第5条(情報の取り扱い責任者)

1.乙は、情報の取り扱い責任者を定め、その指揮のもとに情報を適切に保護・管理しなければならない。

2.乙の取り扱い責任者は、本覚書に定める事項を遵守するとともに、役員及び従業員にこれを理解・遵守させるために必要な措置を実施する責任を負う。

3.乙は、本業務に従事する従業員の名簿を甲に提出しなければならない。

第6条(情報の安全性の確保)

1.乙の取り扱い責任者及び従業員は、情報の安全性の確保に努めなければならない。

2.乙の従業員は、本業務に専心し、誠実にその業務を遂行しなければならない。

3.乙は、従業員から情報の保護について誓約書を徴するとともに情報の保護に関して適切な教育を行う。